選手 Player

部員ブログ

2017.10.03
近藤大洲
サッカー

こんにちは!
四年の近藤大洲です!
今日で最後のブログになるので、学生時代の生活の中心にあった、サッカーについて、思っている事を書きたいと思います。
私にとってサッカーは本当に難しいスポーツでした。いくら練習しても思うようにいかない事が多く、もう本当に嫌になっちゃう事ばかりでした。それでも仲間や親に支えられながら、必死に頑張り続けていると、なぜかたまーに、とてつもなく嬉しいことが起きてくれるんです。
それは、心の底からワクワクしたり、鳥肌が立つほど興奮したり、我を忘れて飛び跳ねてしまったり、言葉では現しきれないほどの嬉しさでした。これは多分、どんな時も直向きに努力をしたから、そういうプロセスがあったからこその事だと今は自信を持っていえます。
毎朝4時に起きて、6時から仲間達とボールを追いかける日々はもうすぐ終わりを迎えてしまいますが、サッカーというスポーツが与えてくれた、数え切れない経験を活かし、自分で決めた道の上で逃げずに戦い続けていきたいと思います。
そして最後に、小学生からこれまで、苦しい時も辛い時も共に楽しくサッカーを一緒にやってくれた全ての仲間に感謝したいと思います。
また、どんな時も私の味方で、いつもサポートをしてくれた両親には心の底から感謝を述べたいと思います。
ほんとに幸せな学生生活でした。すべてが一生の財産です。本当にありがとうございました!

PAGE TOP