選手 Player

部員ブログ

2017.12.01
西村慧祐
next innovation

こんばんは、2年の西村です。

今年もシーズンが終わりを迎え、来シーズンに向け
動き出さなければならない時期になりました。
今シーズン、専修大学の結果は我々が目標としていたものとは
程遠い結果に終わってしまいました。
自分自身、出場機会を得ることができた後期リーグを
振り返ると、やれたという手応えより自分の力不足を
痛感させられる結果となりました。
DFというポジション上少なからず、その個人の結果が
チームの結果に影響していると思います。
今の実力を素直に受け止め、真剣に改善に取り組み、
来シーズンこそはこの時期も公式戦をやっていられるように
日々の取り組みを大切にしていきたいと思います。

next innovation(次への革新)
結果が出てない以上、”何か”を変えなければいけません。
練習への取り組みや自分自身のサッカーに対する考え方など
それぞれが自分自身を見つめなおす必要があります。

自分自身も”むりでしょ”と、プレーの幅の限界を自分で決め
それ以上のことはやろうとしませんでした。
俺はこういう選手だから、こういうプレースタイルだからと
言い訳を並べ自分を変えることを避けていました。
それはたぶん、今までそうやってきたことに自信があったからだと思います。
しかし、気付けばその自信は過信でしかなく、自分の成長を
妨げる大きな要素でした。
考え方を変えるにはまず自分の考えを自分で否定することだと思います。
今まで正しいと思っていたことは、本当に自分の為になっていて、
本当に正しいことなのか。
自分にとって何が正しいのかもう一度見つめなおす必要があると思います。

何かを変えるのは難しいことのように思えて、
とてもシンプルで簡単だったりします。
チームを強くしたい、勝ちたい、もっと上手くなりたい、
試合に出たい、そういう思いがあるのなら
自分の中で小さくても、少しでも革新を起こさなければなりません。
個人が変わればチームは必ず変わります。
チームが変われば結果も変わってくるはずです。

来シーズンは必ず結果を残す。その一心で
取り組んでいきます。
チーム全員で強い専修を作り上げていきましょう!
これからも専修大学の応援をよろしくお願いします!

PAGE TOP