選手 Player

部員ブログ

2018.05.18
鳥羽 隼
「見る」ことの重要性

こんにちは。
今回のブログを担当させていただく元ジュビロ磐田U18所属の鳥羽隼です。よろしくお願いします。

専修大学サッカー部に入部して約一ヶ月が経ちました。この一ヶ月間、大学サッカーという舞台を経験して高校サッカーとの 差 を様々な場面で感じました。その中でも特にプレースピードの速さに驚きました。そして、このプレースピードを向上させるためには何が必要かと考えたときに私は「見る」という動作が重要であると考えました。そこで私は「見る」という部分に着目して話を進めていきたいと思います。

サッカーにおいての「見る」という動作は相手の位置、味方の位置、ボール状況、スペースの有無などの情報を把握しておくことであり、この情報量が多ければ多いほど判断材料が増えます。私はこの判断材料をいかに ボールを貰う前 に増やすことができるかがプレースピードの向上に繋がると考えます。ボールを貰う前の判断材料が少なければ状況に応じた最善の判断ができずミスが増え、ミスを回避するためにボールを貰った後に周りを見れば自ずとプレースピードは遅くなってしまいます。だからこそ、プレースピードを向上させるためには「見る」ことが重要だと思います。
私の短所はフィジカルスピードが遅いことです。その短所を補うために周りの選手よりも「見る」という動作を頻繁に行うことでプレースピードを向上させていきたいです。試合に出て結果を残せるように毎朝の練習から全力で取り組んでいきます。

最終的には私の決意となってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございます。
今後も専修大学サッカー部の応援よろしくお願いします!!

PAGE TOP