選手 Player

部員ブログ

2018.06.10
武村 萌生
人生、経験!

こんにちは。3年の武村 萌生です。

みなさん集中応援お疲れ様でした!

結果は引き分けでしたが、専修がチームとして、1つになっていたとすごく感じました!

もっと強いチームに全員でなっていきましょう!

 

さて、今日は大学のことを書きたいと思います!私は人間科学部心理学科に所属しています。

ここの学科は他とは違い少し特殊で、心理学科は1学年で80人しかいません。その中で体育会に入ってるのは私しかいないという学科です。笑

つまり、みんな心理学を学ぶために本気で大学に来てるんですね。周りは勉強を頑張っているのに、私はサッカーも勉強も両立しないといけないので、かなりハンデがあります。

ですが、高校ではないため体育会だから優しくするということは一切ありません。笑

課題のレポートの量もかなり多いです。

レポートの内容は心理学の実験を行い、その実験で得られたデータをもとに、先行研究を調べ序論を作り、実験の目的、方法、結果、考察、引用文献といった項目を自分で作り、1週間以内に論文を作成するというものです。文字数で言うと、平均3000〜5000字です。一年の時には10000字を経験しました。笑笑

そして、1週間経つと次の実験を行い、また1週間以内に論文を作成するというのが毎週あります。

それ以外にもゼミの課題であったり、授業の課題もあるし、当然体のケアのためのストレッチなどもしないといけないため、充実しているのかどうかわからないですが、時間が全然ないんですね笑

私は周りに相談しました、みんなどうやって課題をこなしているのかを。周りは毎日オールで必死にやってると答えます。でも、自分は朝練があるため、オールなんかで練習に出れるわけないので、夕方の4限後にパソコン室で課題を必死にやるしか方法はありませんでした。

毎日20時ぐらいになったり、遅い時では22時を回ったりします。寮飯だけ食べに帰って、また大学に行ったりすることもあります。そんな日々がここ最近ではずっと続いてるため、本当にかなり精神的にきてるとこは実際あります。笑

でも、寮に帰ると、3年の寮生達(笛田、古屋、河上、中杉、鹿沼、氣田)の誰かがいつも、お疲れとか頑張れとか言ってくれます。

そのお陰で精神的疲労はかなり助かってます!笑

今はかなり両立するのにかなりの難しさがありますが、これも運命なのかなと思いますね。笑

この経験は必ずこれから先で生きてくると思うし、なんならこの経験は自分だけの特別な宝物でもあるわけです。

そういう風にポジティブに考えるしか、今をつらい日々を乗り越える方法はないと感じてます笑笑

あと、パソコンは前よりも使えるようになったので、その点は嬉しく思います。笑笑

これからも忙しい日々が続きますが、しっかり両立できるように頑張っていこうと思いますし、最後には笑顔でいられるように今を一歩一歩、歩んで行こうと思います。

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

 

以上で、失礼致します。

PAGE TOP