試合日程・結果 Game

試合結果

関東大学サッカーリーグ戦

20 2015.11.01(日) 11:30キックオフ

県立保土ヶ谷公園サッカー場

vs.桐蔭横浜大学
HOME
専修大学
2
入場者数:662人
天候:晴
2 前 半 1
0 後 半 2
延長前半
延長後半
P K
AWAY
桐蔭横浜大学
3
5分深澤 知也(松山 友弥)
27分山川 翔也(深澤 知也)
得 点
(アシスト)
30分依田 隆希(山下 優人)
79分今関 耕平(金子 雄祐)
90+1分鈴木 国友(佐藤 碧)
46分中村 駿介 → 私市 一樹
60分松山 友弥 → 中山 克広
85分深澤 知也 → 下田 悠哉
選手交代
68分山下 優人 → 打越 大樹
71分依田 隆希 → 佐藤 碧
81分石川 大地 → 鈴木 国友
警 告
74分打越 大樹
退 場
7
シュート
18
11
G K
16
1
C K
7
13
直接FK
16
1
間接FK
3
1
オフサイド
3
0
P K
0
先 発
1福島 春樹
G K
1田中 雄大
2飯田 貴敬
3萩間 大樹
30大西 拓真
5小口 大貴
D F
8佐々木 俊輝
25尾崎 快斗
4佐々木 宏樹
2中島 優
33三沢 直人
7北出 雄星
20中村 駿介
M F
5金子 雄祐
20山下 優人
33依田 隆希
7山根 視来
42松山 友弥
9山川 翔也
19深澤 知也
F W
10石川 大地
9今関 耕平
控 え
28GK 玉永 大地
35DF 中嶋 優佑
34DF 小林 岩魚
43MF 坂井 淳
8MF 私市 一樹
24MF 中山 克広
32FW 下田 悠哉
SUB
21GK 三浦 和真
34DF 小田島 怜
35DF 打越 大樹
15MF 名畑 典樹
36MF 佐藤 碧
14MF 宮尾 孝一
11FW 鈴木 国友
戦 評

サッカー日和となった関東リーグ第20節桐蔭横浜大学戦が県立保土ヶ谷公園サッカー場で行われた。今シーズン公式戦2戦連続で負けている相手だけに借りを返したいところ。2試合連続で引き分けと勝ちきれない流れを断ち切りたい。インカレ出場のためには勝利がなにがなんでもほしい一戦。

2分 右サイドでボールを受けた42松山が中央へきりこみ33三沢へパス。そこからペナルティーエリア付近にポジションをとっていた19深澤に通り20中村とのワンツーからシュートを放つも右上に外れる。

4分 右サイドバックの2飯田から右サイドの裏にスルーパス。そのボールを受けた42松山がキックフェイントから2人をかわしファーサイドにクロス。合わせた19深澤がヘディングで左隅に流し込み先制。1-0

26分 ハーフウェイライン付近でボールを受けた20中村から左サイドのスペースにロングパス。そのボールを19深澤がうまくトラップし相手をかわしクロス。ゴール中央にいた9山川が右足で押し込み追加点。2-0

29分 右サイドのクロスから反転しながらトラップしシュート。これが左隅に決まり1点差につめられる。2-1

38分 33三沢が20中村とワンツーパスから右サイドの42松山にロングパス。縦にドリブルをし低いグラウンダーのクロスをあげる。走りこんできた7北出にわたりワンタッチで打つもミートができず左に流れる。

立ち上がり立て続けにチャンスをつくり先制に成功。その後ポゼッション率を高め26分には追加点をあげる。しかし、すぐさま相手の反撃にあい1点差につめられる。攻めることができず守備におわれる時間が続いたがリードを守り前半終了。

HT 20中村→8私市

58分 2飯田が9山川にロングボールをだしたこぼれ球を42松山が拾いドリブル。相手をひきつけてから左サイドを走ってきた8私市にスルーパス。1人をかわし7北出にパス。落としたボールを19深澤が打つも左隅に外れる。

59分 42松山→24中山

65分 2飯田のスローイングから7北出にわたり、頭ですらして24中山にボールが渡る。右サイドを突破し中央に走り込んできた8私市にパスするも惜しくも合わず。

69分 左サイドでボールを受けた19深澤が1人をかわしシュートするも相手にあたりコーナーキック。7北出があげたボールをファーサイドで競り勝った30大西がヘディングするも右隅に外れる。

78分 2飯田のロングボールが19深澤に渡る。中央にポジションをとっていた8私市にパスしワンタッチで9山川、そのボールを再び8私市が受け左サイド、フリーになっていた19深澤にパス。左足でシュートを放つもキーパーの正面。

79分 右サイドのクロスをワンタッチで押し込まれ、同点にされる。2-2

83分 19深澤→32下田

90分 カウンターから左サイドにスルーパス。フリーでボールを受けた選手がシュートし逆転される。2-3

試合終了 前半の立ち上がりからいいかたちで2点を先取。しかし、すぐさま1点差にされペースを相手に握られる。後半に入り一進一退の攻防が続くなか、いいかたちでシュートすることができない。ラスト15分に突入すると中盤が開きはじめカウンターの数が増える。2度のチャンスを決めきった桐蔭横浜大学が逆転に成功しそのまま試合終了。

試合日程・結果
Game
PAGE TOP